TOPイメージ西山別院浄土真宗本願寺派

得度習礼・教師教習

本願寺西山別院報「久遠」

墓地について

西山別院 | ヨガ教室

西山幼稚園

アクセスマップ西山別院場所

〒615-8107
京都府京都市西京区川島北裏町29
TEL:075-392-7939

カウンター


〇本願寺西山別院掲示板法語紹介一月


      慶ばしいかな

    心を弘誓の仏地に樹て

    念を難思の法海に流す





西山別院伝言板
伝言板

《 募 集 》

●「書道教室」
・日時:月2回程度開催 17:30~20:00
・書道道具は、各自ご用意ください。
・会場:西山別院書院
申し込みは、西山別院事務所までお申し出ください。

※緊急事態宣言解除に伴い、10月より再開致しました。


・1月予定
1月26日(水)  中止

・2月予定
2月 2日(水)  中止
2月16日(水)17:30より

●「ヨガ教室」
詳しくは
右の「ヨガ教室はじめますin西山別院」をクリック!


 

伝言板
伝言板
西山別院婦人会
伝言板

★西山別院仏教婦人会

●婦人会入会のお申込みは別院までご連絡下さい。

TEL:075-392-7939

伝言板
伝言板
西山別院日曜学校
伝言板

★西山仏教日曜学校

幼稚園から小学生まで。参加自由。仏様に手を合わせるやさしい心を育みます。各種レクリエーションやハイキングなどのイベントも行っています。龍谷大学生が先生を務めます。

お問い合わせは
TEL:075-392-7939

※新型コロナウイルス感染
 予防のため、しばらくの間
 お休みさせていただきます  尚、再開の際は当HPにて
 お知らせいたします
伝言板
伝言板
 
行事のご案内
LINE
○晨朝勤行のご案内

【時間】  毎朝7時より(開門は6時半です)

【場所】  本堂(椅子席あります)

【おつとめ】
正信念佛偈(和讃を毎日六首ずつ繰り読み)
※貸出用経本あります
御文章拝読
法話※京都府緊急事態宣言解除に伴い、10月より再開致しました。

誰にも話せない悩み、言葉にならない想いがある時、佛様に打ち明けてみては いかがでしょうか。朝のお参りを通じて、佛様が良しとされる方向に気づくことが できたり、清々しい気持ちが得られたりするかもしれません。 皆様のお参りをお待ちいたしております。
当院では、浄土真宗本願寺派の研修道場があり、定期的に得度習礼や教師教修等 の研修が実施されています。その際は、おつとめの内容が変更いたしますので 詳しくは、当院までお尋ねください。(℡075-392-7939)

LINE
○本願寺西山別院掲示板法語解説


慶(よろこ)ばしいかな
心(こころ)を弘誓(ぐぜい)の仏地(ぶつじ)に樹(た)て
念(おもい)を難思(なんじ)の法海(ほうかい)に流(なが)す

『顕浄土真実教行証文類』後序

現代語訳:まことによろこばしいことである。
      心を本願の大地にうちたて、
      思いを不可思議の大海に流す。

親鸞聖人が『顕浄土真実教行証文類』の後序に著されたお言葉です。
私たちは、ただ一度の人生を嬉しいことや楽しいことによって、喜びいっぱいにしたいと願っています。
そのために名誉や財産といったものを求めていくことになります。
しかし、はたしてそれらを手にいれることができても本当によろこべることになるでしょうか。

人生にはつねに憂い、悩みがともないます。このような人生において、有無にとらわれずによろこべること。
得るべきことを得たるよろこびを示されます。
私の心の拠り所は阿弥陀さまのおられる浄土にある。
確かなものに間違いなく支えられているという安心感があるからこそ、また自らを立てていけるのです。

そして、苦しみや怒りや悲しみも、そして喜びも、この世の思いを、思いはかることもかなわない法の海に流していく。
阿弥陀さまの広く大きなご本願の大地に支えられ、大きなはからいにゆだねていけることのよろこびを述べられたお言葉です。
                                  称名

LINE
☆りんばんのひとりごと☆2022.1.16☆

1月16日は親鸞聖人の祥月命日です。

本山本願寺をはじめ、真宗各寺院では報恩講を勤められているところも多いのではないでしょうか。
親鸞聖人がお好きだったものの一つに、小豆があげられます。

 「紫雲殿由縁記」という書物に
「親鸞の好物である小豆の餅をついて進上した」
という事が書かれていることに基づくお話です。

みなさんは、小豆をよく食べられますか?
和菓子やお赤飯が主な頂き方でしょうか。
自分で調理するにはちょっと面倒な食材かもしれません。
私は、一時期お赤飯にはまっていたことがあり、手軽に食べたいと考えて、スーパーで見かける「お赤飯のもと」をよく使っていました。
簡単で美味しく出来上がりますよ。

頂く際には、親鸞聖人がお好きだったことに加え、物が豊かでない時代に聖人に食べていただこうと準備をされた方々の心も思い出してくださいね。


なむなむ。
LINE
LINE
 
 
line2
lineend