TOPイメージ西山別院浄土真宗本願寺派

得度習礼・教師教習

本願寺西山別院報「久遠」

墓地について

西山別院 | ヨガ教室

西山幼稚園

アクセスマップ西山別院場所

〒615-8107
京都府京都市西京区川島北裏町29
TEL:075-392-7939

カウンター


〇本願寺西山別院掲示板法語紹介五月


一人居て喜ばゝ
    二人とおもふべし、
二人寄て喜ばゝ
    三人と思ふべし、
その一人は親鸞なり





西山別院伝言板
伝言板

《 募 集 》

●「書道教室」
・日時:月2回程度開催 17:30~20:00
・書道道具は、各自ご用意ください。
・会場:西山別院書院
申し込みは、西山別院事務所までお申し出ください。


※まん延防止措置解除により4月から再開いたします。
◎5月日程
25日(水)17:30より
◎6月日程
8日(水)17:30より
22日(水)17:30より
●「ヨガ教室」
詳しくは
右の「ヨガ教室はじめますin西山別院」をクリック!


 

伝言板
伝言板
西山別院婦人会
伝言板

★西山別院仏教婦人会

●婦人会入会のお申込みは別院までご連絡下さい。

TEL:075-392-7939

伝言板
伝言板
西山別院日曜学校
伝言板

★西山仏教日曜学校

幼稚園から小学生まで。参加自由。仏様に手を合わせるやさしい心を育みます。各種レクリエーションやハイキングなどのイベントも行っています。龍谷大学生が先生を務めます。

お問い合わせは
TEL:075-392-7939

※新型コロナウイルス感染
 予防のため、しばらくの間
 お休みさせていただきます  尚、再開の際は当HPにて
 お知らせいたします
伝言板
伝言板
 
行事のご案内
LINE
○晨朝勤行のご案内

【時間】  毎朝7時より(開門は6時半です)

【場所】  本堂(椅子席あります)

【おつとめ】
正信念佛偈(和讃を毎日六首ずつ繰り読み)
※貸出用経本あります
御文章拝読
法話

※5月教師教修(習礼・教修中はおつとめの内容が変わります)

24日(火)~6月2日(木)【24日は通常のおつとめ】


誰にも話せない悩み、言葉にならない想いがある時、佛様に打ち明けてみては いかがでしょうか。朝のお参りを通じて、佛様が良しとされる方向に気づくことが できたり、清々しい気持ちが得られたりするかもしれません。 皆様のお参りをお待ちいたしております。
当院では、浄土真宗本願寺派の研修道場があり、定期的に得度習礼や教師教修等 の研修が実施されています。その際は、おつとめの内容が変更いたしますので 詳しくは、当院までお尋ねください。(℡075-392-7939)

LINE
○本願寺西山別院掲示板法語解説

一人居て喜ばゝ二人とおもふべし、
二人寄て喜ばゝ三人(みたり)と思ふべし、
その一人は親鸞なり
『御臨末の御書』

今月の法語は、親鸞聖人がご臨終の際に言い残された言葉とされている、『御臨末の御書』に説かれます。
この言葉は、親鸞聖人の御命日の法要「報恩講」にて歌われる「報恩講の歌」に使われます。

私が阿弥陀様のお慈悲に触れ喜ぶそのとき、ご縁となった方とともにあったのです。
私一人ではなく、その方とともに二人で喜んでください。
二人で喜ぶそのとき、三人と思ってください。その一人が親鸞ですよ。
という言葉を残されました。

親鸞聖人は、この世での命が尽きて終わりではなく、その後も仏様となられて、私に寄り添ってくださっているのですよ、
あなたが喜ぶときはともに喜んでいるのですよ、と説かれています。

喜びだけでなく、悲しいときはともに悲しみ、常に私に寄り添ってくださっていたのです。
そのことをこの言葉から味わわせていただきました。


                                  合掌

LINE
☆りんばんのひとりごと☆2022.5.16☆

4月8日はお釈迦さまのお誕生日「花まつり」
5月21日は親鸞さまのお誕生日「降誕会」
春はお祝いの法要が多い季節です。

境内にある幼稚園でも、園児がお花を持ち寄って「花まつり」のお祝いを、本願寺へ行って他の幼稚園のお友達と「降誕会」のお祝いをさせていただきます。

みなさまは、どんなお誕生日を迎えられますか?
りんばんの2年前の誕生日はコロナ禍で、お誕生日会をリモートで開いてもらいました。
全員、同じシャンパンとおつまみとミニケーキを自宅に取り寄せ、雰囲気だけでも一緒の空間にいるように。

阿弥陀様はいつでもどこでもご一緒です。
リモートではなく、いつも私の傍で見守ってくれています。

親鸞さまも
「一人いて喜ばは二人と思うべし、
二人いて喜ばは三人と思うべし、
その一人は親鸞なり」

というお言葉を遺されているように、私の心に寄り添ってくださいます。
コロナ禍で孤独を感じることも多いかもしれません。しかし、私は一人ではありません。誰かに支えられ生かされている。

ありがとうと受け取って、ありがとうと支え返していきたいものです。

なむなむ。
LINE
LINE
 
 
line2
lineend