TOPイメージ西山別院浄土真宗本願寺派

得度習礼・教師教習

本願寺西山別院報「久遠」

墓地について

西山別院 | ヨガ教室

西山幼稚園

アクセスマップ西山別院場所

〒615-8107
京都府京都市西京区川島北裏町29
TEL:075-392-7939

カウンター
西山別院伝言板
伝言板

《 募 集 》

●「書道教室」
・日時:月2回程度開催 17:30~20:00
・書道道具は、各自ご用意ください。
・会場:西山別院書院
申し込みは、西山別院事務所までお申し出ください。


◎2月日程

28日(水)17:30より

◎3月日程

13日(水)17:30より

27日(水)17:30より

●「ヨガ教室」
詳しくは
右の「ヨガ教室はじめますin西山別院」をクリック!

伝言板
伝言板
西山別院婦人会
伝言板

★西山別院仏教婦人会

●婦人会入会のお申込みは別院までご連絡下さい。

TEL:075-392-7939

伝言板
伝言板
西山別院日曜学校
伝言板

★西山仏教日曜学校

幼稚園から小学生まで。参加自由。仏様に手を合わせるやさしい心を育みます。各種レクリエーションやハイキングなどのイベントも行っています。龍谷大学生が先生を務めます。

お問い合わせは
TEL:075-392-7939

伝言板
伝言板
 

〇本願寺西山別院掲示板法語紹介二月


うちの家にゃ 
鬼が二匹おる
男鬼に女鬼 
あさましや
あさましや 
 
浅原才市



行事のご案内
LINE
○晨朝勤行のご案内

【時間】  毎朝7時より(開門は6時半です)

【場所】  本堂(椅子席あります)

【おつとめ】
正信念佛偈(和讃を毎日六首ずつ繰り読み)
※貸出用経本あります
御文章拝読
法話


※3月得度習礼
期間:6日(水)~16日(土)
8日(金)~15日(金)のお晨朝は得度習礼生がおつとめいたします。(おつとめの内容が変わります)

※3月教師教修
期間:19日(火)~28日(木)
20日(水)~27日(水)のお晨朝は教師教修生がおつとめいたします。(おつとめの内容が変わります)


誰にも話せない悩み、言葉にならない想いがある時、佛様に打ち明けてみては いかがでしょうか。朝のお参りを通じて、佛様が良しとされる方向に気づくことが できたり、清々しい気持ちが得られたりするかもしれません。 皆様のお参りをお待ちいたしております。
当院では、浄土真宗本願寺派の研修道場があり、定期的に得度習礼や教師教修等 の研修が実施されています。その際は、おつとめの内容が変更いたしますので 詳しくは、当院までお尋ねください。(℡075-392-7939)

LINE
LINE
○本願寺西山別院掲示板法語解説



うちの家にゃ 鬼が二匹おる
男鬼に女鬼 あさましや あさましや

浅原才市


2月は節分ですね、どこからともなく「鬼はー外!福はー内!」という掛け声が聞こえてきます。
浄土真宗の熱心なご門徒さんであった才市さんは、毎日お寺でお念仏をされていました。
そんな才市さんの肖像画を描こうと、地元の画家が座って合掌している、才市さんの姿でした。
町の人はそっくりだ、と言うのですが、当の才市さんは「全く似てない」というわけですね。
「私の心には鬼が住んでいるので、頭には角があるはずだ」と画家に角を描かせて、完成した絵をみて満足したという、エピソードがあります。

上にあります、男鬼というのは才市さんのこと、女鬼とは誰のことでしょうか。
それは夫婦喧嘩をして腹を立てた奥さんの寝顔がまさに鬼そのものに見えたのです。
しかし、その奥さんを鬼にしていたもっとおそろしい男鬼のこの私がいたことに仏の教えにであって気づかされたのです。

鬼は私の心の中に住む

そんな鬼の私を救ってくださる阿弥陀様のお慈悲に南無阿弥陀仏とお念仏申しあげていたのが、浅原才市さんだったのですね。


                                  合掌
LINE

☆りんばんのひとりごと☆2024.2.16☆



先日、大阪湾に迷い込んだクジラが、湾の中で亡くなったというニュースがありました。
クジラは頭から超音波を出し、モノに当たって跳ね返ってくる音を聞いて、地形や障害物を判断するそうです。
湾の中は海より小さく、また船や障害物が多くて超音波が反響しすぎて方向が分からなったのではないかと、解説の方が話されていました。

人間は目で見て、手で触れて、誰かと話すことで自分の位置を確認しています。
真っ暗闇で、何も触れるものが無く、何の情報もない場所では、歩くこともままならないのではないでしょうか。

私たちの生きている世界は、「迷いの世」だと言われます。
煩悩に眼を遮られ、良い悪いの判断もできないのが私たち人間です。

そんな「迷いの世」にいる私に光を照らしてくださるのが、阿弥陀さまのお慈悲の心です。
大丈夫だよ、ここに阿弥陀がおるよ、任せなさいと、暗闇の中でしっかりとつかまえて下さるのが阿弥陀さま。
お任せして日々を過ごしましょう。


なむなむ。
LINE
 
 
line2
lineend